Topics

ブログトップ

チーム舟山ボンバーズ!!


 8月11日に、毎年恒例となる京都府民間社会福祉施設職員共済会主催のバレーボール大会に参加しました。舟山庵では、チーム名『舟山ボンバーズ』として奮闘しましたが、結果は1勝1敗で残念ながら予選敗退となりました。
 『来年こそは決勝進出!』を毎年唱えながらではありますが、年を重ねるごとに作戦が練られ、舟山ボンバーズの成長を感じられます。
 また、他法人事業所の参加があるため、様々な方との交流の機会にもなっています。

佛教大学 訪問


 6月6日にハートメッセンジャー活動の一環として、佛教大学社会福祉学部2回生に向けて介護の魅力等をお話ししてきました。感想や質問の中に「『介護で働くのは不安』、『マイナスのイメージが介護にはある』等、あまり介護に対して良い印象はないと思っていたが、話を聞いて少し解消されました。」と沢山の学生から聞けたのがとても嬉しかったです。
 時間内では、とても語り切れませんでしたが、私も大変有意義な時間を過ごせ、少しでも学生の力になれれば良いなと思いながら、介護や福祉の魅力を伝えさせて頂きました。

平成28年度 ご家族アンケート結果

平成28年度に実施しましたご家族アンケートの結果が出ましたので、こちらに掲載致しました。
尚、ご入居者ご家族へは、3月12日に開催した家族懇談会にて配布・説明を行っております。ご参加頂けなかったご家族へも、郵送にて結果をお伝えしております。
ご協力頂きましたご家族につきましては、たくさんの貴重なご意見を頂き、改めてお礼申し上げます。
アンケート結果を真摯に受けとめ、今後ともより良いケアを目指していきます。

大宮学区 徘徊模擬訓練


 3月4日には、にしがも舟山庵の学区内にあります801商店街(御薗橋通り)にて、認知症で行方不明となられた高齢者の声かけ・捜索を目的とした徘徊模擬訓練が開催され、舟山庵では運営側としても生活相談員が参加致しました。
 昨年度、待鳳学区内にて徘徊模擬訓練を開催した反省点もふまえて実施し、今年度の801商店街を舞台とした訓練では、4つのエリア毎に1名の認知症高齢者が行方不明となられた役を配置して行ないました。
 上記の写真の方は、道路に落ちている物や、ゴミ等の収集癖がある認知症の方を演じられた同じ圏域内の他事業所の職員さんです。訓練では、商店街の店舗にもご協力頂き、徘徊者役の方も実際に店舗に入り、声かけ・捜索訓練を行ないました。
 今回の徘徊模擬訓練では、北区長、北警察署、北福祉事務所、北区社会福祉協議会、認知症の人と家族の会、大宮・紫竹・待鳳学区民生児童委員、紫竹地域包括支援センター、大宮・紫竹・待鳳学区域の高齢者福祉事業所や薬局・医院等、たくさんの参加と協力のもと開催することができました。尚、801商店街の皆様につきましては、ご多忙の中、たくさんのご迷惑をおかけしたと思いますが、徘徊模擬訓練の協力を頂きまして誠にありがとうございました。

大宮ほっとかへんでカフェに参加して


 2月10日(金)に、地域の西賀茂会館で開催されている『大宮ほっとかへんでカフェ』に参加致しました。
 『大宮ほっとかへんでカフェ』は、大宮社会福祉協議会福祉部会が主催となり、大宮民生児童委員会・老人福祉員・紫竹地域包括支援センター・ボランティアやまなみの方々の協力のもと開催されています。
 ご利用させて頂いた時には、たくさんのご利用者がおられ、大変にぎわっている様子がありました。私自身も、地域の方々との交流を深められたり、社会福祉協議会の方と当ナナイロ喫茶の運営について相談させて頂くことができ、大変有意義な時間を過ごしました。
 『大宮ほっとかへんでカフェ』は毎月第2金曜日の10時~12時に西賀茂会館2階で開催されております。参加費は100円で、飲み物のお菓子が付いてあり、気軽に立ち寄れるカフェでした。(おおむね65歳以上の方が利用対象)
 このカフェに参加させて頂いて、地域の方々の熱意とパワフルな姿を改めて感じられ、舟山庵で第1日曜に開催している『ナナイロ喫茶』も今後もますます頑張ろうと思いました。
このページのトップへ